看護師に向いていない人

      2011/07/07  コメント : 2 

前回、看護師に向いている人について書いたその追記です。

看護師に向いていない人について

あれ、看護師は誰でもできるって話じゃなかったっけ?

まぁその気になれば、誰でもできるっちゃできるのですが、一応例外がありますのでお伝えしておきます。

一番看護師に向いていない人は

コロコロ転職する人

心変わりしやすい人が看護師にむかない、というわけではないのですが

看護師になるためには、やはり資格取得が必須なわけで、3~4年の大学や看護学校、最短でも2年は専門学校に通わなければならなくなります。

学校に通うのにもお金がかかるし、時間的な拘束もありますので、例えば仕事しながら学校に通うとしても、フルタイムでは働けなくなります。いろんな意味で制限される、ということですね。

時間とお金を犠牲にして取得する資格なのですから、すぐに看護師の仕事が嫌になっちゃった、といってやめてしまうような人には向かない、というよりは勿体無いです。

なので、今までコロコロ職種を変えてきた人や、今後も長続きするかどうだかアヤシイ人に関しては、あまりおすすめできない、という所が本音です。お金の無駄になるだけですから。

厳密に言えば、看護師になる為の学校は、普通にデスクスタディもありますが、その学校生活の1/4は実習という名前で現場に出る形になりますので、本当に自分にむいてるかどうかは、この実習期間内に明らかになるケースも多いです。

実習中に「やっぱり私、看護師無理だわ」と言い残して学校を辞めて行く人もいます。

逆に言えば、ここでふるいにかけられ、残った人であれば看護師に向いてる、と言い換えても良いのかもしれませんね。

というわけで、転職などを理由に資格取得を考えている人は、取得するまでの期間とその為の資金を考慮するようにしてください。

まぁ、仕事しながらでも資格取得できる学校もいくつかありますので、それはおいおい書いていきます。

とりあえず、ここで言いたかったのは

看護師は、なりたいからってすぐになれる職業では無い、ということです。

スポンサードリンク

 - 看護師の仕事