看護婦長の給料って高いの?

     コメント : 0 

失礼、今は看護婦長ではなく看護師長ですね。

働く看護師は皆、師長(しちょう)と呼びます。

わかりやすく、看護師長という書き方をしましたが、一応、管理職という認識で続きを読んでくださいね。。

前回、看護師の給料は高いか、という話をしたのですが結局職場によりけりという結論でした。

でも、さすがに職場の上に立つ人の給料は高いんだろうと思いますよね?

病院の規模にもよりますが、一般的な総合病院の話になりますと


看護師のトップが看護部長、その次が副看護部長

そして、その下に、各部署をそれぞれ取り仕切る看護師長たち

看護師長を中心として、その下に副看護師長(主任と呼ぶところもあります)、そしてスタッフたちと続きます。

流石に、看護部トップの看護部長と、ヒラ社員であるあたくしの給料には雲泥の差があると思いますが、、、

じゃあ、我々直属の上司である看護師長は、どれだけ貰ってるんだろう?

あまり考えてはいけないような事を ふと考えてしまう悪いクセがあります。。

さすがに看護師長に直接、給料いくら?とか聞くのは失礼な気がして

一番仲の良い副看護師長に、なんとなく聞いてみた事があります。

「イヤ、意外とね、お給料そんなに変わらないんだって」

えぇーそんな馬鹿なー 
昔からえらい人はお金持ちだと相場がきまっているはず。

理由を聞けば納得なのですが

管理職になると、ほとんど夜勤の仕事が無くなってしまいますので、看護師の稼ぎドコロである夜勤手当がほとんどもらえない、という事実が発覚。なるほど!

多少、管理職手当が出ますが、それでもフルタイムで夜勤にも入るという仕事をしていた方がよっぽど稼げるということでした。

それで、上の管理職からやかましく言われ、下のスタッフからは微妙に嫌われ、板挟みになりながらも管轄する職場をなんとか盛り上げていかなければならない重責に耐えながら、あまりお給料が高くないって。。。

なんかすごい割に合わない感じがしますな。

これだから中間管理職というのは・・・

スポンサードリンク

 - 看護師の給料