男性の看護師(男性看護師が活躍する職場)

     コメント : 0 

以前は、女性の看護師を看護婦、男性の看護師を看護士という言い方で使い分けをしていた時期もありましたが、いまや看護婦の呼び方も看護師と統一され、男性も女性も違いが無くなっちゃいましたので分かりにくくなっちゃいましたよね。

まだまだ、看護師といえば女性の仕事という印象が強いし、企業や病院によっては、女性しか求人をとらない、という所も多いと思います。

それでも、私が現場で働いていた時によく学生の指導担当を任せられていたのですが、一昔前と比べると男性の看護師希望として実習に来ていた人は多くなってきたな、という印象があります。

実際、看護師の仕事は、薬剤の取り扱いやドクターの補佐などもありますが、半分以上は患者さんの生活のお世話だったりしますので、これは結構体力勝負な所があります。

毎日毎日人間一人持ち上げなきゃいけなかったりしますしね。そうじゃなくても看護師が扱う道具は車椅子やら、ストレッチャーやら、各種ME機器など、なにかと重たいものも多です。

意外なところで、看護師という仕事は体育会系だったりするわけですね。なので、仕事の内容そのものは、男性のほうが向いてるし、実際需要もあるのではないか?と思うことも度々あります。

ただ、患者さん側からすれば、結構看護師にお風呂を入れてもらったり、身体を拭いてもらったりすることが多いですし、そういうことになれば男性の患者さんならともかく、女性の患者さんは男性の看護師に全身拭いてもらうのって抵抗があったりしますよね。

現実的に、女性の看護師にお願いしたい、という希望を出される患者さんも少なくありません。逆に、若い男性の患者さんは、男性の看護師のほうが気兼ねしなくて良い、という方もいらっしゃいます。

あとは、お年寄りのおばあちゃんとかにも男性看護師は人気です。若い男性に身体をさわってもらうチャンスなんてないでしょ?みたいな事を言われていたのを聞いたことがあります・・・可愛い下心だな。

男性看護師に人気の職場、というのはよくわかりませんが、私の知っている男性看護師は、脳外科でお年寄りのお世話をしている人は多いです。。やはり介護系の仕事内容が多い職場は特に、男性の看護師は優遇されます。。体力使いますからね・・・。

あとは、心療内科や精神科の入院病棟の看護師や管理職の方は男性が多いような気がします。私が学生時代に実習先でお世話になった病院は、看護部長や師長などはほとんど男性でしたし、スタッフも男性看護師が多かったように思います。

まだまだ男女平等とは言い難い(逆の意味で)職業である看護師です。女性看護師のみ求人を出す事業所や、男性だからという理由で断られる所も少なくありません。

ただし、今後は男性看護師は確実に増えていきますし、男性だからこそメリットがある事業所も増えてくると思います。看護師のように過酷で、メンタル、フィジカル共に強さが必要で、またある程度の力を要する仕事に、女性のみで立ち向かっていくのには限界があります。

また、看護師という職業は今のところリストラや倒産の危険性がない職業で食いっぱぐれが無いと言われていますので、将来的に結婚して妻子を扶養する場合、看護師という仕事はとても有利ですよね。女性だと結婚して退職するかもしれない、という心配がありますが、男性はほとんどそのような事がありませんので、男性の方が事業主に信頼され、将来的に管理職への道へと開けていく可能性が高いです。

昨今の不況を見ていると、いつ職を失うか、リストラされるかビクビクしながら会社勤めするよりは、看護師として仕事をするほうがよっぽど安心できる気がしますが・・・

まぁ、それは私が看護師だったから言えるだけなのかもしれませんな。

スポンサードリンク

 - 看護師の仕事