最短で看護師になるには(正看護師編)

      2013/01/18  コメント : 9 

正看護師免許を取得するための最短コースは、看護の専門学校や、短大の看護コースの3年過程を卒業、または卒業見込みで看護師国家資格の受験資格を得て、国家試験に合格することです。申請後に厚生労働大臣から看護師免許が交付されることになります。

要するに、高卒であれば最短で3年で正看護師の資格を得ることができる、というわけですね。

ただ、3年課程の看護の専門学校や短大なども、通う学校によっては授業料などが全く違い、通うのにすごくお金がかかるという現状もあります。

高校大学と同様、看護学校や短大にも私立公立がありまして、授業料その他、看護師になるためのお金は当然公立の方が安いです。

ただし、公立の学校はどこも狭き門です。学校の規模にもよりますが、一般的な公立の看護学校の定員は、およそ40人前後だし、近隣の県下の学校で、入試試験日等が重なる場合も多く、受験できる校数も限られてしまいます。

私立になると、定員も公立よりは多いし、試験日もバラバラになりますので、学校のレベルにもよりますが、入学するのはそこまで難しくは無いでしょう。ただし、すごくお金はかかります。各学校のホームページや、入学案内などに諸経費が記載されていますので、確認してみてください。

同じ資格を得るならば、なるべく授業料の安い看護学校へ通いたい、と思うのは当然みんな一緒ですので、そういった学校はやはり人気がありますし、まず入試試験に合格するのが大変です。

ちなみに、私が卒業した学校は国立病院付属の看護学校でしたが、入試試験の合格倍率は12倍という、かなり狭き門でした。。

10数年前の話ですので、資格取得が重視されている今の時代、安い授業料の学校というのは、もしかするともっと人気があるかもしれません。

ちなみに、3年課程の看護学校や短大の学校生活はかなり忙しいです。数日学校を休むだけで、あっという間に単位を落としてしまうこともしばしばですので、社会人の人が、仕事をしながら通おうとするのはなかなか難しいと思います。

バイトすらも、なかなか難しいです。私は、実習期間以外の週末のみに、コンビニや家庭教師のバイトをしていました。期間限定です。。・・・継続できない事がわかってて雇ってくれるバイト先もあまり無いものですしね。

なので、就学中の労働は、ほぼ不可能と思って良いと思います。

自分の力(お金)で学校に行きたい、という人は、学校に通うための学校へ支払うお金と、3年間自分が生活する為の資金をしっかり貯めてから、学校を受験するか、もしくは奨学金制度のある看護学校を選んで受験するのがいいでしょうね。

スポンサードリンク

 - 看護学校, 資格・免許