なぜ看護師になったのか(看護師を選んだ理由)

     コメント : 10 

私が、看護師という職業を選んだ理由・・・・

正直に言いますが、高校生の時の進路決定をする際、私の中では

看護師になるという選択肢は全くありませんでした(どーん!)

いや、本当に。

じゃあなぜ看護師になったか

看護師になるぞ!という並々ならぬ決心があったわけじゃなく

看護師免許を取得すれば、あとあと便利に違いない

という、漠然とした思いがどこか、あったんだと思います。

看護師になるために、看護学校へ行ったわけじゃなく、便利な資格を取得したくてとりあえず看護師免許を手に入れるために、看護学校へ行くことにした、という方が正直正しかったりします。

まぁ、なんとなくですが、医療系の仕事へ進もうという気持ちはどこかありました。

あとは学生の時、化学物理は激嫌いでしたので、進路選択の時に、理科1科目だけ学べば良い医療系コースへ進んだという消去法的な選択でもありました。

高校生の時は、他に放射線技師とか、臨床検査技師とか、まぁとにかく、興味深げな医療系の仕事について片っ端から調べてみたのですが

まぁ、決まらないわけですよ。そもそも高校生の時に将来の職業を選ぶという事自体、結構難しかったりしますよね。

じゃあ普通にどこかの大学にでも通おうとも一瞬思ったのですが、結局問題を4年間無駄に先延ばししてしまうだけのような気がしましてね。

手に職というか、資格が有利になってくる時代になることも、なんとなく予想はついてましたし、それならば時間を無駄遣いせず、ショートカットで自分にとって有利な資格を取ろう、と思ったわけです。

かつ、更新がいらない、一度手に入れたら一生モノになる国家資格をね。。

それで選んだのが看護師免許

看護師免許を取得すれば、もちろん看護師になれるのは当然ですが、例えば少し方向性を変えて助産師になることもできます。お役所仕事がよければ保健師になったり、勉強してスキルアップし、学校の保健室の先生になることもできます。

看護師といっても、仕事する所は病院だけじゃないですよね?例えば飛行場の救護室や、公的機関。その気になればテーマパークの救護室とかで働くこともできるわけです。

すごいな、看護師免許

看護師免許を取得するだけで、自分の可能性も、選択できる未来も、グンと広がる、と思ったんですよ。

もちろん、この考えは間違っていませんし、そもそも看護師という仕事の中だけでも、今まで知らなかったあらゆる業種があることを知りました。

一言で、看護師の仕事、と言っても色々あり、その中でも自分に合う、やりがいをみつける仕事を選択することができるわけですね。

救急看護
緩和ケア
小児看護
不妊症看護
手術看護    ナドナド他多数。。

その道のプロを目指して、一つの看護を極めていく、という楽しみもあります。。

まぁ、結局あたくしの場合、看護師免許を習得してとりあえずそのまま看護師の仕事をやってみたのですが

思いの外面白くてですね・・・結局そのまま看護師でしたが、もしも自分に合わないと思えば、またその時点で考えていたと思います。

学生の頃は、進路選択やら、やりたい事選びやら、半強制的に大人たちから選ぶのを迫られたところってありますけど

私に言わせてもらえば

自発的でない選択はどうせあとで覆されるだけですので選択するだけ無駄です。

自分にとって何が有利か、自分が何をしていると楽しいか

まずはそこだけを考えれば、自ずと先は見えてくると思います。

スポンサードリンク

 - 看護学校, 資格・免許