看護学校って大変?忙しい?

     コメント : 4 

看護学校は大変だ大変だと言いますが、たぶん本当は大変ではないです。

あ、いや、解釈は多分それぞれ違いますし、忙しいというのは本当ですよ。めっちゃ忙しいです。。

でも、忙しいというのと、大変だというのはちょっと違います。。

看護学校は、学ぶ全てが専門科目であり、必須教科になります。落としていい単位なんて1つもありません。

なので、中学高校などと同様、皆が一律の時間割で動き、同じ授業を受け、同じ時間を過ごします。

看護学校に入ってしまえば、看護師の資格を取るためのレールが自動的に敷かれる、ということですね、学生はただ、そのレールの上をなるべくはみ出さないように走っていけば、自ずと同じゴールへたどり着きます。

一般の大学などは、その生活や学び方、全てが自己責任になりますので、目標の設定から、線路の設営、走り方まで、全て自分自身で行わなければなりません。

中には、その目標自体決められない人も多いでしょう、目標そのものが正しいのかどうかも判断できず、途中で路線変更する人もいれば、放棄する人もいます。

選択の自由を得た故、全て自分自身で1から積み上げていかなければならない、という枷をかけられたということです。。選択肢が広いと、それはそれで迷いますよね。自分で目的を持って大学進学し、それに向かって学びながら生活することができれば最強だと思いますけど

ちなみに、私みたいなめんどくさがりのタイプが大学生になっても、まず失敗すると思います。。選択肢が多ければ多いほど優柔不断なので1つに絞れない、とりあえず無難な資格だけを適当に取ったり、無駄に時間だけを費やしたりして、就職活動の時に困るタイプです。

なので、私みたいな人は、ある程度レールを敷かれた状態で、強制的に学ばなければならない環境に身を置いたほうがまだ良いんだと思います。まぁ自立心がそれで養われるかは微妙なところですが、少なくとも、無駄な時間を過ごすことはありませんし。。

私が思うに、看護学校へ入学したという時点で、一般の大学生でいう目標やそれに向かう為の道筋を、すでに決めることができたと見なして良いと思います。

学ぶ目的と、目標がはっきりしている、ということですね。歩く方向さえ定まっていれば、あとはよそ見さえしなければ何とかなります。

私から言わせてもらえば、とりあえず大学へ進学してみたところで特に目標もなく、ただ闇雲に時間だけを消費していくことこそ、大変です。。。

この先、どうするんだろ・・・・みたいな

ちなみに看護師国家試験の合格率は毎年90%前後となっています。

現在の日本では、看護学校等に進学し、普通に勉強をしていれば、かなりの確立で看護師国家資格に合格するシステムとなっているということです。

なので、看護学生時代の忙しさを無視してあえて言いますが

看護学校は入ってしまえば もうこっちのもんだと言うことです。

後は、入るまでの決断と、入学試験に合格するために必要な学力だけですな。

スポンサードリンク

 - 看護学校