看護師国家試験の全容

     コメント : 0 

看護師国家試験は全てマークシート形式の試験になります。

その内容は、ほぼ四者択一問題なのですが、五者択一や五者択二問題も時々あるようです。

文章問題だけでなく、写真や絵などの素材を使用した問題を取り入れているのが、最近の流れになります。

厚生労働省は、主に問題の方針などは詳しく発表しているわけではないのですが

主に必修問題一般問題状況設定問題の3つの項目で各1点もしくは2点の配分になっており、全問正解で300点になります。。


私が看護師国家試験を受験した年は、その試験内容にはじめて「必修問題」という問題が組み込まれた年でした(あ、年がばれちゃう)

私は、本当にこの必修問題が苦手だったんですよねー。

必修問題というのは、いわゆる基礎中の基礎で、看護師ならば当たり前に知っておかなければならない知識の、まぁ(一応)簡単な問題なわけなんですけど

合格基準では、必修問題は80%を満たすことが条件の絶対評価だったんです。

必修問題が何問出題されるか、というのはその年によって色々違うようですが

必修問題が10問あれば8問以上、20問あれば16問以上。

例えば、他の一般問題や、状況設定問題で 仮に高得点を取っていたとしても

必修問題でケアレスミスをしてしまえば、不合格になります。。。

・・・厳しくない? 

必修問題が確実に簡単に解ける問題ばかり みたいな保証も無いじゃん・・・

私なんか、結構うっかりミスが多いタイプだったので、毎回毎回模擬試験なんかでは必修問題で落とされていました。。

まぁ結果合格できたから良いけどね!(どーん)

・・・でも、もう二度と国家試験の勉強なんてしたくないです。。

スポンサードリンク

 - 資格・免許