看護師のコミュニケーション能力

     コメント : 3 

現役の頃、よく学生担当や新人教育係を任されていました。

看護師の仕事で行き詰まっている人がいつも言うのが

「私・・・コミニュケーション能力が足りないと思うんです」

というのね。

特に学生さんは多いです。

「患者さんと何話せばいいかわかりません・・・」

みたいな。


学生さんの実習っていうのは、例えば実習期間が2週間なら、2週間ずっと1人の担当患者を持つことになります。

その間、患者さんが退院してしまえば、新しい患者を受け持つことになるんですけど

でもね、思うんだけど

同じ人と毎日数時間、2週間も一緒にいれば、そりゃ話す内容も無くなるよねぇ。。

まして、学生だから、看護師免許の無い自分たちにできることは限られてしまいますし、ナースステーションにこもると、看護師さんたちの視線が痛いし・・・

でも、療養中の患者さんに不快な気持ちは与えたくないので、長時間話をするのも迷惑かな?と思ったりして

私も学生の頃は、担当患者のベッドサイドを離れて、何すれば良いのかわからず、よくウロウロしていたことを思い出します。

看護師の仕事は、人と話をするのが上手じゃないといけない

とか

コミュニケーション能力が長けてないと、難しい

とか 

学生さんや新人さんがよく言ってましたけど

私が思うに、人と話すのが上手じゃなくても 好きじゃなくても 十分やっていけます。

おはようございます こんにちは こんばんは 

ちゃんと挨拶できる人は心配しなくても大丈夫です。

看護師として、患者を観察するというスキルは、心配しなくても学生時代に学びますし、身体が覚えてきます。

おしゃべりが上手じゃないと、看護師としてうまく仕事ができない、というのは、たぶんです。

だって、私はしゃべり上手じゃないけど、なんとかやってましたし。。

日常生活を 十分安定して過ごせるほどの注意力と、言葉がわかれば大丈夫です。

コミュニケーション能力の不足で悩んでいる、という人は

逆に言えば

人の顔色を見ることができる、空気を読むことができる、という力がある、という人ですので

それは、看護師のスキルとしてはかなり有利だと私は思います。

スポンサードリンク

 - 看護師の仕事