看護師と国家公務員

     コメント : 2 

看護師国家試験は、厚生労働省が管轄している国家試験ですので、これに合格すれば国家公務員になれる、と思っている人がいますが、これは違います。

看護師国家試験で合格すれば、厚生大臣から看護師の資格がもらえるというだけであって、国家公務員になれるわけではありません。国家公務員というのは、「公務員試験」に合格した人が就く業種ですので、全く別物になります。

ですが、看護師で国家公務員になることも、可能です。

看護師が国家公務員になる、というのは単純にどこに就職するか、という話になります。

例えばですが、私が今まで働いていた就職先のなかに国立病院がありまして、そこで働いていた時は一応国家公務員だったということになります。

同じように、県立病院や公立病院に勤務する看護師さんは、県職員、ということになります。

個人病院で働いていた時と、国立病院で働いていた時の違いは・・・正直あまり感じませんでしたが、一応、公務員指定に準じた給料、ボーナスだったような気がします。金額は公務員だから高いとか安いとか・・・そこまで大きな違いは無かったと思うのですが・・・

ただ、公務員は公務員なりに給料から引かれるものも多かったです。

このあたりは、務めている病院によりそれぞれだと思います。

あ、あと職場から頂く健康保険証が、国家公務員用の共済組合でした。また公立病院に勤務していた時は、教師と同じ共済だったりしたので、病院とかで健康保険証を提示したら、「学校の先生ですか?」とよく尋ねられました。。

私は務めているだけなのでよくわかりませんが、結構ややこしいみたいです。

まぁ何が言いたいかといえば、看護師で国家試験に合格する、ということはイコール国家公務員になる、というわけじゃないんだよということです。

スポンサードリンク

 - 資格・免許