残業が少ない病院、多い病院

     コメント : 5 

残業が少ない病院、多い病院

一般的な企業などで働いている人と比べると、看護師という仕事はまだ残業手当がちゃんと出る方だと思います。

不況のご時世ですからね・・・残業手当がほとんど出ない、いわゆるサービス残業という形で仕事をしている人も多いかと思います。

看護師に残業というものがあるのかどうか、というのははっきり言って職場や勤務体制によって全然違います。

同じ仕事をしていても、毎日残業しなければ帰れない看護師もいれば、勤務時間中に仕事が終わってしまって、後は終了時間を待つだけ、という人もいますしね。


病棟勤務に限って話させていただきますと、ほとんどの看護師の仕事というのは受け持ち患者のお世話を引き継ぎ、引継がれるような仕事内容になります。前勤務の看護師に、受け持つ患者の状態を聞き、次の勤務の看護師に教える、という感じです。

なので、ある程度の決まった時間で、次の看護師に仕事を移行させる形になりますので、例えばこの仕事を済ませないと帰れないー!締め切りに間に合わないー!という感じにはならない、ということです。

引き継いだら終了の仕事のはずなのに、じゃあなぜ看護師に残業というものが発生するかというと、直接的な患者様のお世話ではなく、ナースステーション内で行わなければならない残務が多い為です。看護記録の記入、担当患者の薬の管理、常備薬や医療器具の点検等色々あります。。

後は、緊急事態が発生した場合なども。私は外科でしたので、急変患者の対応や緊急手術の準備など、人の命が掛かっている事態の時や、ステルベン、医療介助などが必要な時など、詰所に引っ込んでいても、すぐに出動します。まーそれでも残業手当はしっかり申請しますが。

ただね、私が思うに、残業が多い仕事場、少ない仕事場ってその看護師の能力うんぬんでは無いと思うんですよ。

ようは、職場の環境というか、看護師一人ひとりの心がけ次第だったりします。

いくら自分の仕事が早く終わっても、他のスタッフや先輩方が忙しくされていたら、さっさと帰ったりできませんよね。やっぱり手伝ってやらなければ、ということになるんです。もちろんこれは正解だし、これで良いと思うんですけど

ようは、残業することに慣れてしまう環境だとダメなんですよ。誰かがダラダラしていると、必ず他のスタッフにも伝染しますし、定時に仕事が終わるわけが無い、という間違った常識が定着してしまいます。

「早く帰りたいよねぇー」「なんで定時で帰れないんだろうねー」とボヤきますが、そもそも定時で終わらせる気が無いんです。しかも本人達はそういう意識に全く気がついてなかったりします。。

これは、意外と若い看護師が多い職場によく起こる現象だと思います。 早く帰れないのは仕事が忙しいからだ、楽な職場は早く帰れてうらやましいと思っている人が多いと思うのですが、仕事が楽だから早く帰れるかというのは大きな間違い。仕事が忙しくても定時で帰っている看護師も沢山います。

残業が少ない、定時に帰れる職場は、それなりに定時に仕事が終われる職場の環境になっています。1日のタイムスケジュールが自然と勤務交代時に終了できるような雰囲気になっている、ということです。職場の全員が定時に帰る気で仕事をすれば、意外とできるものだと思います。

例えばですが、幼いお子さんをお持ちのママさん看護師が多い職場は、おそらくどんなに忙しくても定時で終わらせて帰る人が多いです。保育園に迎えにいかなければならない、帰って家事をやらなければ・・・という危機感が強いからです。

そういう職場環境で働いていると、別にママさん看護師ではなくても、早く仕事を終わらせる癖というか、集中してうまく時間をやりくりする術が自然と身についたりするでしょう。

まぁ、もちろん全部が全部そういうわけではないです。現実的に看護師という同じ仕事でも、大変な職場、楽な職場はありますし、残量時間も比例したりするものです。

ただ、自分がもしも残業が多い仕事場で働いていると思うのであれば、それが当たり前になっていないかを、一度客観的に考えてみるのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

 - 看護師の仕事