看護師とタバコ

     コメント : 0 


タバコ税も恐ろしく上がり、ますます喫煙者には住みにくい世の中になっている今日この頃なのですが

最近では、そういった世の流れに逆らわず、病院内も禁煙という所が非常に増えており一般的になってきました。

私が新人の頃に働いていた病院では、患者さん専用の喫煙ブースはもちろんのこと、職員用の喫煙スペースも確保されていました。

「看護師の喫煙率」を調査した看護研究を、確か昔読んだことがあるのですが、看護師以外の普通にOLをしている社会人女子と比べると、圧倒的に看護師の喫煙率は高いという結果がありましたが、

私の知る限りでは、看護師は喫煙する人が多いと世間の人が思っている以上に、実は少ないように感じます。。昨今の喫煙ブームと増税の流れに則り、禁煙したという人も増えているからかもしれませんが・・・

しかし看護師以上に、医師の喫煙率はさらに高かったりもするのです・・・医者の不養生とは言ったものですが、患者様にはタバコを止める用に指導しながら自分は愛煙家であるというのも変な話ですよね。

さて、昨今の病院では、もはや大体のところが院内禁煙を努められており、私が勤めていた病院も、喫煙ブース自体が数年前に取り壊しになりました。

なので、入院患者様はもちろん、外来に来た方やお見舞いの方も全て喫煙する場所はなくなり、入院している愛煙家の患者様は、こっそり病院の門の向こう側で、集団になって喫煙しているところを何度か見かけたことがあります。

院内スタッフとしては、おそらく注意するべきところなのでしょうが・・・なんだか、ついに病院の外まで追いやられてしまったんだな、という何となく可哀想な気になってしまって、何度か目をつぶったことがあります。

でも、どーせ医者や看護師は休憩時間かなんかで、別の場所でタバコ吸ってるんだろ?と思うところですが

私が働いていた職場は、スタッフ用の喫煙室も全て取り壊しになってしまいまして、本当に喫煙する場所が無くなってしまっていました。。

私の周りは、タバコが無いと落ち着かない!というほどの愛煙家の看護師はいなかったのでよくわかりませんが

ドクターの中では、3階の渡り廊下などでこっそり喫煙していたところ、掃除のおばちゃんにこっぴどく叱られていた人も少なくありませんでした。。

・・・なんだか、補導された高校生みたいですね。

スポンサードリンク

 - その他