麻酔科のお医者さん

     コメント : 0 

看護師を目指すきっかけの一つに、医療系のドラマ漫画の影響があるという方も少なくないと思います。

「ブラックジャック」
「医龍」
「JIN-仁-」
「救命病棟24時」
「グレイズアナトミー」
「ナースのお仕事」

などなど・・・・有名ドコロはこんな感じで

医療系のドラマや漫画となるとたいてい主人公は外科医なんですが、本屋さんをふらっと見ていたところ珍しい題名のマンガ本を見つけました。


「麻酔科医 ハナ」

麻酔科医が主人公です。

私の中のイメージは医龍の阿部サダヲさん役の

「1,2,3・・・ななーちゅ・・・ハイおちたー」

という感じで

今から手術する患者さんを麻酔で眠らせるだけの仕事かと思っていました。

でも漫画の中身は違います。めっちゃ激務なんです。
すごく大変そうでした。

実際に看護師として働いているときに、麻酔科医として働いている医者に聞いてみたところ

「あ、俺もあのマンガ見たことあるよ。使う道具とかちょっと古いけど、たいていはあってるかなー。大学病院で働く麻酔科はキツイよー。自分も朝から晩まで働いてたからね。・・・実際は、あんな巨乳な先生なんていないけどねー(笑)」

大学病院だと麻酔科医はどの科よりも出勤が早く、6時半から勉強会、7時半から準備、8時過ぎには手術開始し色々な手術を担当し、夕方には翌日の患者さんへ挨拶、明日の手術の準備や勉強会などあるそうです。

大学病院ですから、大きな手術も担当し、朝方まで入ることもあるそうです。

それまで、医者の中では麻酔科という職業は比較的楽というか、結構地味な仕事だと勝手に思っていたのですが、どーもそうじゃないみたい。

ドラマなどの影響で、勝手な先入観があったからかも。。

麻酔科医の仕事は、手術中の患者さんの全身管理が主な仕事になります。

予定手術の中でスタッフを割り振る感じになるので、激務でありながらもママさん女医も結構いるみたいですね。そういえば、私が働いていた病院は3人とも女医の麻酔科医でした。

最近のドラマの「ドクターX」の内田ゆきさんもママさん女医ですしね。

たまに、息抜きで漫画本を読んでみるのも良いですね。もちろんお話なので、実際にはありえない状況だったり、多少大げさに描かれている部分もあって違和感を感じることもありますが、違った方面から、今まで知らなかった医療の色々な世界を見ることができて面白かったです。

スポンサードリンク

 - おすすめの本