看護師は忙しいのが当たり前?!

     コメント : 0 

看護師は忙しいのは当たり前?

看護師の仕事は、まず出勤と同時にその日に割り当てられた担当患者を把握し、情報収集することから始まります。

担当する患者様1人1人の病歴やら、現在の状態やら、その日1日の予定やらを確認します。

●さんは今日は胃の検査があるから朝から絶食だなー とか
■さんは昨日痛みがひどくて眠れなかったんだなー とか
▲さんは今日術後3日目だから、今日はリハビリを頑張ってもらおうかなー とか

そんな感じで、前勤者が残した看護記録を読みながら、その日1日、私が看護師として何をしなければならないかの計画を立てるわけですね。

具体的に言えば、私の場合1日のタイムスケジュールを作り、何時にこれこれ、とか、コレは絶対チェックしなきゃならない、とか書き込みながら大まかな動きを決める事が多かったです。

また相手は病気を持つ人間ですので、もちろん全て予定通りってわけにもいかず、患者様の様態によっては想定外の出来事が起こったり、トラブルが起こったりすることもあります。

今日はわりかし仕事が楽だわ-と思いながら仕事をしていると、突然緊急手術が必要な患者様が救急搬送され、担当に付く、という事もザラです。

ギャーです( ゚д゚ )

まぁこれは、私が外科で働いていたとせいということもありまして、病院の規模や仕事内容によっても違ったりしますので、全ての看護師が同じとは言いませんが、何故かもう忙しいのが当たり前になっている感じがあったような気がします。

となりの芝は青いじゃないですが

何だかこんなにバタバタ仕事をしているのは、この病院の中で外科病棟だけなんじゃないか!?とか

うち(外科)が一番忙しいんじゃないか、なんて思っていたりしましたね。

「あーほかの病棟みたいに早く帰りたーい。」

「定時って何のためにあるのー?」

なんて、ボヤいているのを、時々耳にしましたし、私自身もそう感じていることが多かった気がします。

しかし、ごくまれになんですが、担当している患者さんが外泊されたり、特に大きな出来事もなく、患者さんの状態が落ち着いており、いつになく朝に立てた計画がタイムスケジュール通りに滞り無く完了してしまうことがあるんです。

もちろん、状態が落ち着いているということは、いいことです。仕事もスムーズに完了し、定時キッカリに終了です。

ただ・・・なんでしょうね、何だか物足りなく感じてしまうというか、いつも忙しい事が当たり前である私の身体が「いいの?本当に帰っていいの?」みたいな感じでソワソワしてしまうんですよね。

何だかすごい大事な仕事を忘れて帰っている気がするというか、いつもはこの時間もまだバタバタしているのに、帰ってしまうのが勿体無いというか、何だか早く帰る事がまるで悪いことのようなプチ罪悪感が芽生えたりして。。

何だか不安になり、朝に作ったタイムテーブルをもう一度見ながら、上から順に「やった、これもした、あれもした・・・・」と、一つ一つ確認したりして。

こんな感じで私みたいに無駄に職場に残っている人が多くなると、全体的に職場の雰囲気がダラダラした感じになるので、仕事が終わった人からさっさと帰れば良いのに!たまにしかこんな時無いから、早く帰れる時くらいはゆっくりしたら良いのに!なんて思うのですが

いつもの生活のせいで、看護師は忙しいのが当たり前、という身体に、勝手になってしまっているんですよね。

今思えば、これもある意味、職業病の1つなのかななんて思ったりもします。

一度だけで良いから、定時入り、定時終わりが安定した職場で働いてみたかったなぁ。。

スポンサードリンク

 - 看護師の仕事