いい病院・いい医者の見つけ方

      2014/06/06  コメント : 0 

いい病院・いい医者の見つけ方

看護師として働いていると『健康相談』の次によく聞かれるのが

どこかに「いい病院・いい医者知らない?」

ということ。

確かに治療を受けるのならば少しでもいい医療を受けたいと思ってしまうのが心情です。お金をかけて自分の身体を預けるわけですし。

インターネットで色々な情報が手軽に入る時代、最近では実際に利用者が集う病院の口コミを集めたサイトなどで病院の情報を検索することができますし、書店で「手術のうまい病院ベスト100」的な本が売られていたりもしますからね。

そういう情報を頼りに病院やお医者様を見つけるのも一つの手ではあるのですが

一番信用できる方法で病院探しをするとするならば、やはり実際診療を受けた人、入院経験者に感想を聞く、もしくはその病院で働いているスタッフに知り合いがいればその人に聞く、という方法が信ぴょう性が高いと思われます。

・・・まぁそれがなかなかできないから、ネットや本が売れるわけではあるのですが。。

ただ、医者の手術が上手いか下手か、というのはハッキリ言えば医療の知識が無い患者の立場からすると、ほとんど分からないと思います。正直に言えば、外科で働いていた私でさえも、どの先生が手術が上手で、どの先生が下手だなんてはっきりとは分かりませんでした。

なので、このようなネットの情報や本に書かれている内容は、何を基準に良し悪しを判断しているのか、すごく疑問に思うことがあるんですよね。

例えば、手術のキズがほとんど残らなければ、その医者は手術が上手である、とか、手術した患者さんのキズが感染してしまったら、執刀した医者は手術が下手とか、一概にはいえません。

手術が思い通りに上手くいくかどうかというのは医者の手技によるものではなく、その病巣の大きさや場所にもよりますし、患者様のコンディションにも左右されるからです。

極端に言えば、喫煙者と非喫煙者という違いだけでも、手術の成功率や術後の経過は大幅に変化します・・・これは、いくら医者の技術が長けていたとしても、どうしようもない問題ですよね・・・。

ただ、一つ言える事は

同じ症例の手術を沢山経験している医者は、経験の無い医者よりも、当たり前ですが技術は長けています。

もしも望みの病院を探されている方がいらっしゃるのであれば。その病気に対しての治療を沢山行なっている病院を探すことに焦点に当てて調べられた方が良いかと思います。

最近は、インターネットなどで自分の病院の情報公開を行なっている所も多く「診療統計」という形で、その病院がどのような手術を1年のうちにどのくらい行なっているか、術前術後でどの程度の日数入院しているのか、入退院した患者様の数などの数値が、一般の人でも分かりやすいようにされていたりします。

私は外科看護師歴が長いので・・・どうしても、手術の成功率とか、術後経過についてが気になってしまうのですが、他の診療科でもそういった判断基準になる数値がなんらかあると思います。

とはいっても、そういった数値もある意味一つの情報でしかなく、それが良い病院、悪い病院という判断の基準にはなりません
・・・やはり最終的には実際に自分が診療を受けた時に感じ取った印象に従うしかない、ということになるんですよねぇ。

いくら評判が良い病院でも、実際に診療を受けた先生がなんとなく信用出来ないとか、あまり話を聞いてくれないとか、なんとなくネガティブな印象を受けるのであれば、それはやはり、あなたにとっては良い病院ではない(相性が悪い)ということだと思います。

信用出来ない医者の元で治療を受ける必要はありません、病院は山ほどありますので、他の「この人ならば安心だ」と思える医者にあたるべきです。

とはいえ、実際に病気にならないとなかなか病院探しなんて行わないですし、いざ病気になったらゆっくり自分に合う病院選びをするような余裕なんて無いですよね・・・なかなか難しいところですね。

一番良いのは、まずは普段から自分の体の調子を分かってくれる、信用できるかかりつけ医を見つけておく、ということかもしれません。

スポンサードリンク

 - 病院