結婚しても働ける病院は?

      2014/06/06  コメント : 0 

病院

せっかく苦労してとった看護師免許。できることならば長く勤めたいと多くの人は思うはずです。

しかしながら、結婚や出産を機に看護師を辞めてしまう人が多いというのも現実です。(私もそうですし)

このご時世ですから、女性の社会進出も今や当然であり、夫婦共働き家庭も少なくないので、国家資格である看護師の免許を持つということは社会的にかなり有利であるはずなのですが

先日の記事(病院はブラック企業!?)でもお伝えしたように、病院という過酷な労働環境での職務ですと、法律で取得が義務付けられているはずの育児休暇でさえ煙たがられるのが現実ですし、不規則な生活スタイルでの仕事と育児の両立はかなり厳しく

そういった事情で、結婚・出産を機に辞職・転職する看護師は少なくありません。

そうすると病院はどうなるか・・・経験と体力を併せ持った「中堅」どころの看護師がどんどん退職し、看護師1~3年目の若くて経験の浅い看護師と、子育てが終わったお母さん世代のベテラン看護師が残り二極化が起こります。

こうなると、若い世代の看護師が育たないまま退職するパターンが増えてしまうので、めちゃくちゃ悪循環なんですよね・・・本来、結婚出産する時期が看護師として一番ノリノリで動けますからね。

仕事が出来る環境が整わず、続けたいにもかかわらず退職しなければならないというのは、事業者側にとっても、看護師本人にとってもマイナスでしかありません。

職場の中には子育てに熱心な病院などもありまして、院内託児所があったり、幼稚園の送迎など育児サービスが充実していたりと、お互い様精神で定時で仕事を終えることができるところもあります。

私も前の職場にいた時、院内託児所の設営を強く訴えていたのですが・・・結局計画段階でとどまっていた様で、実行されることはありませんでした。

結果、結婚や出産を機に一部の人は外来勤務などの夜勤が無い職場へ移動することもありましたが、やはり転職・退職される方の方が多かったように思います。

「仕事がしやすい病院」かどうかは、正直に言えば実際に就職してみないと分からないと思うのですが(個人差もありますからね)、「結婚しても働ける病院」かどうかは、おそらくそういう観点で職場探しをしていると、外側からでも色々と見えてくると思います。

最近ではどこの病院でもホームページを持ち、情報公開を行っておりますので自分で探すこともできるのですが、看護師専用の転職サイトを利用するのも一つの手段としてはかなり有効であるように思います。

看護師専用の転職サイトはインターネット上に沢山ありますので、就職先を全国規模で探すことができますし、自分が職場に求める条件を上げるだけで、条件に合う就職先をマッチングしてくれるんです。

こういった転職サイトへの登録は基本的には無料ですので、まずは情報を得る為だけに登録するのも良いかもですね。

私の周りには現役で看護師の仕事を行いつつ、こういった転職サイトを利用して条件の良い就職先を探している人も少なくありませんでした。

結婚しても働けるかどうかというのは、結局本人次第なんですけどね・・・しかし普通に生活していれば環境が変わるのは当然ですので、そういった変化が起こってもうまく対処してくれる職場だと安心して続けることができますよね。

そういった病院が世の中に沢山増えてくれればよいのですが。。まだまだ現実では難しいようです。

スポンサードリンク

 - 就職・転職