学会って何?

      2014/06/06  コメント : 0 

お医者さんイメージ

例えば病院にいくと受付に

「本日院長は学会で不在のため代診になります」

といった張り紙を見たことはありませんか?

私が病棟で働いていた時も、「●●先生は学会で不在なので、患者さんは別の先生に~」みたいな申し送りがあったり、いつもはナースステーションにごっそりといる先生たちが数日間一斉にいなくなったり

また、休憩室に●●先生から学会土産、と知らない土地のお土産お菓子が置かれていたりすることがあります。

そもそも、学会って何なのでしょうね?

学会に行ってくるーみたいなドクター方を見ていると、なんだか勉強を兼ねたちょっとしたプチ旅行気分なのかな?って思ったりもしていたのですが

中には学会の準備が~みたいな感じで一生懸命に資料を作っている先生もいたりして、大変そうだなーと思ったりもするわけですよ。

そんなわけで、優しい先生に「学会行って何してるの?」と聞いてみたんです。専門の科によっても違うし、その時々で内容は変わるらしいのですが、だいたい以下のようなことが行われるらしいです。

症例発表

こんな患者さんがいたから、その人にこういう治療をしたよ。こんな薬を使ってみたよ。そしたらこうなったよ。という報告みたいな感じですかね。現場で出会った患者さんに対する対応策の発表をしあう感じだそう。色んなケースを知って情報を共有するということはとても大事な事らしいです。

症例以外の発表

有名なお医者さんの講演会や、職場環境についての比較検討とか、設備についてとか、内容はさまざまなようです。

勉強会

スキルアップのセミナー。こういう感じは看護師でもよくあります。医者の場合は、知識や手技などについて、医者が医者に指導する感じですね。学会の時は全国から集まってくるので、こういった機会を使って自分の職場では得られないものを吸収して帰るそうです。

業者説明会

製薬会社や医療機器メーカーの商品の説明会。ブースが設置してあったり、昼食時間を利用して医療器具や新しい薬の紹介が行われたりもするそう。
  
そうそう、学会ではお弁当が出るらしいのですがこれがいい値段のお弁当らしくてですね。

お弁当を楽しみにしている先生方も多いそうです。いい値段というのがどの程度かはわかりませんが、医者がいい値段と言っている位ですからきっと高いはず。^^;

参考書販売

仕事が忙しい先生たちにとっては本屋に行ったりする時間もないので、ここぞとばかりに本を買う人もいるとか。
 

観光

せっかく遠いところまできているので、観光もしなくちゃ!らしいです。普段仕事ばかりでストレスたまった先生の息抜きの場でもあるんだとか。

医療は日々進歩していますので、こういった学会を通して新しい疾患や治療方法を学んだり、新しい医療器具の使い方を教わったり、違う環境で働いている医者同士で交流したりというのはとても大事なことなんですね。

医療系のドラマなどで学会、みたいな話を聞いていると、なんとなく広いステージに立って何百人もの人を相手に発表したり、巨大なスクリーンに写して説明したりするのかと思っていたのですが

それもまちまちらしく、学校の教室位の小さな部屋でテレビやスクリーンを使い、少人数を相手に発表をすることも少なくないとか。。まぁそれも発表するカテゴリーによって規模が異なるそうですが、どんな環境でもやっぱり発表前は緊張するものらしいです・・・。

学会は数日間に渡って行われるのですが、全日参加する人もいれば、自分が発表するときだけしか行かなかったり、興味のある発表にだけ参加してあとは観光したり。。

こんな感じで全国各地から医者が集まって行われるのが「学会」なのだそうです。

学会期間中はその地域の近隣のホテルは一杯になってしまうんですってよ。そんな一つの地域にある一定の期間だけ医者が集中して集まるなんて、想像したら何だかすごい光景ですね・・・。

そうそう、学会が行われるからといっても病院で医者不在というのは入院している患者さんとか困ってしまいますからね、ちゃんと留守番をする医者もいます。

そういう人たちは大体、じゃんけんやくじ引きで決められたりすると言ってました。

じゃんけんって・・・(゚Д゚;)

スポンサードリンク

 - その他